2009年11月25日

008・暴風雪の白い闇

Bookfile regen・004
『暴風雪』
□佐々木譲
□新潮社/2009.2.20 本文403p/1,700円+税 ISBN978-4-10-455507-9-C0093 

 佐々木譲さんの「道警シリーズ・派出所篇」のハードボイルドな1本。
 この人の作品は好きで、デビュー前から好き(ってアリだろうか?)。本格的に読み始めたのは、星雲賞など一挙三本受賞の頃だから1980年代終わりだと思う。北海道のご出身で、執筆期間中は山荘に篭られると聞いていたが、いまでもそうなのだろうか? 編集者時代、先輩の友人という方のご紹介で、ご一緒にお仕事させていただいたことがあり、その頃から硬派でリズム感のよい筆致と、ハードボイルドでありながらなんともいえない優しさを残す読後感が好きで、彼の作品だけは文庫化を待ちきれずすぐに単行本を購入する数少ない作家さんの一人である。

 最近、“警察小説”という新しいジャンルがミステリの中に定着しつつあるようだ。警察を一つの社会と捉え、ハードボイルドなスター刑事が活躍するのではなく、その中で人間関係や縦社会・横社会の糸に絡められながら、事件を解決していく。一方で人間ドラマなのは最近のミステリの一つの特徴だが、この、等身大を感じさせる背景づくりにおいてのリアリティは、最近の著者のシリーズの一つの特徴のようにも思える。実際、このジャンルを開拓した/担う一人である。
 「中でも大規模な不正を出して組織自体が揺らいだ道警」というストーリーを組み上げ、それをベースに数々の作品を生み出した。川久保篤という元刑事の派出所巡査を核とした『制服捜査』は、地域性をもう一つの軸にとった秀逸な短編集だったが、この『暴風雪』は、ミステリー性とエンターテインメント性をもう少し強めた長編。その続編に当たるといっていいだろうか。様々な事件があちこちで起こる。それが暴風雪と呼ばれるこの地方独特の気象に遮られ/阻まれ/助長される、という設定がまずワクワクする。
 白い闇。山の中でなくとも、街で、村で起こる当たり前の気象現象の前に、人々はそれと共存して暮らしてきた。だが、その特定の日に、様々な事件が起こり、その当事者たちは一つのペンションに偶然集まることになる。逃げ道を雪で塞がれ、自分の過ちを断ち切ろうとして、何も知らず罪なきまま、家庭の問題を抱えて…様々な人たちが。そこへ一人の巡査が、いや一人の巡査しか、いない。隔絶された雪の中で。…とくれば、ミステリー常套の“出入りのできない山荘”状態が出来上がるというわけだ。
 ただそれがミステリー的遊びにならないのは、巡査のそういう時の日常が細かく描かれ、そうして無線でやり取りする地域の本庁や、本部とのやり取りが飛び込んでくるからだろう。

 分厚い本なのですがね。一気読み。視点はいくつも移り変わり、それぞれの登場人物たちがそれぞれ起こす事件、陥る状況が描き出される。どれにも共感を持て、どれにもその人の物語があると感じる。そうして川久保巡査は、その間を話を聞き、本部の指示に従ってミニパトを走らせながらも職分の中で振舞う。数メートルも歩けないという吹雪の中、ヒーローになって駆けつけるわけにもいかず、ペンションの人々は孤立する。だが、そこにもコミュニティはあり、人間関係が描かれ、それは素っ頓狂なものではない、起こり得そうな日常。

 しかしこの暴風雪、というものの実態の描写が臨場感を与えている。事件そのものよりも自然の脅威。地元の農家、除雪契約業者、よそ者、隣街の人、現地2年目の駐在さん。それぞれの見方や捉え方で。どこに吹き溜まりが出来、どこが最初に通れなくなるか。それが、この物語を横軸で貫く一つの強盗殺人事件を左右する。
 ペンションの密室ぶりも秀逸。完全な密室ではなく、暴風が収まれば通じる道。除雪の設備もある。ただしボイラーが故障している。逆にいえばこのボイラーが故障していなかったら事態はもっと複雑になっていただろう。人の命ももう少し失われていたかもしれない。

 いくつもの人間関係が絡まる中、幸せを得られそうな実直なトラック運転手と若い娘のカップル、そうして道を過ちそうになりながら土壇場で踏みとどまる機会を得た主婦、一つの問題を超えたペンションのオーナー夫妻。少しずつズレの加わった「次の日」を迎える結末が、優しい。
 そうして吹雪の中、何人かが銃弾に、また雪に倒れる。最後に主人公・川久保巡査がペンション付近にたどり着いた時、彼は容赦しない。このあたりがハードボイルドの旗手でもある著者の筆致だろう。

 物語は完全な解決はしない。未知の部分を残しながら、豪雪の翌朝のような、ある種のくぐもった明るさ、だがホッとした想いを残す。私はこの人の作品の、このなんともいえない読後感がとても好きだ。実直な元刑事のお巡りさん。彼の話はまだ続けて読めそうな気がする。[雨]


posted by alto2009 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック