2010年07月20日

009・要するに恋愛ものなのだ(!?)

Bookfile regen・005
『1Q83・book3』
□著者 村上春樹
□新潮社、2010年4月発行/1,995円/ISBN9784103534259
 
▼2010年4月23日(金)に、某blogに(途中まで)書いた記事の転載です。ご了承ください。

          ・・・
[タイトル]…と、言い切るには抵抗がありますが、ともあれ、あっという間に読み終わった『1Q84』(3)であります。

 いろいろ考えさせる、議論の余地をたくさん持たせる、ということではムラカミハルキという作家はなかなか類を見ない。いやまぁほかのヒトビトもそうなんでしょうが。読んだあと、つい語りたくなるんでしょうね。
 この作品はちらと書くと最初から“ネタバレ”では始まりそうなので、発売1週間後だったこともあり、感想めいたことはほとんど書かず仕舞いになってしまいました。
 ただ、友人たちは三軒茶屋にかかる首都高速道路の橋をタクシーで通ってみようとか思った人は何人かいたようですが、あそこ、本当に渋滞しますよねぇ。もしかしてそれであのネタ、作者は思いついたんじゃないか、というくらいです。……私は、そもそもそのあたりを車で通る時は基本的に夜中ですし、方向の違う虎の看板とか立ってたらヤですから(まぁ時代が違いますけど)、ぶるぶる。避けます。怖がりです。

 さて購入した翌々日の夜。夜中までかかっても読み終えようとしたのは、3分の1まで進んだら、あとが気になって仕方なく、つまりその程度には面白かったわけ。ともかく週末に向かうことだし、木曜日の夜くらい夜更かししたって構わないだろう、ということで、本を持ってベッドに入ったのだが、昼間から眠くて眠くて&演奏会で眠いショパンを聴いたりしたため、風呂にも入らず昏倒するように眠ってしまった。気づいたら本を抱えたまま朝で、午前中は自主的におサボりして一気に読破した(自営業の気楽さ)。

     ・・・
 ところで、発売当日の土曜日。某駅上の書店に私は『竜馬』(7)を買いに行った。(7)は無かったので仕方なく、どど〜ん、と積まれていたこの本を手に取り、迷った末、購入。まぁbook1もbook2も読んでしまったし。どうせ次の編集仲間の会合には話題になるかもね(<ならないかもしれないけど、文芸の編集者ばっかりの集まりなので、時々こういう話題になることがあります)というミエもあり、読んでみることにした。
 脈絡ないが、ベストセラーを金払って買うのはなんかヤだなと。妙な処で物書きの端くれないじましさが出ることである。

 会計をしていたら週末なのでヒマそうにしていたおねーさん書店員2人と少し雑談。「あ〜んなに積んじゃって売れるんですか?」と訊ねてみると、「まだ土日ですからねぇ」と年配の方のかたが仰る。そうかぁ、月火にならないとなんともですね。…さて売れたんでしょうかしらね?
 それで「どちらがいいですか」と差し出されたぬいぐるみを見る。は? という顔になっていたと思うが、「獏ですか?」というと「犬です」という。「今、うちの書店で『1Q84』をご購入のお客様に差し上げています」とのこと。ほえほえ。A屋書店さんのグッズなの? ほえ?
 “ドリドリ”ちゃんというそうです。本を読む犬。う〜む、SNOOPYみたいぢゃないか。…ありがたくいただいて帰って、パソコンの上に乗っかっている。そういえばいろいろ乗っかっているパソコンだ。一番気に入って居るのはパソコン誌時代に貰った「モジラ」ちゃん(<現在はFirefoxというNetscapeのぬいぐるみ)だが。

公式サイト(新潮社) まで立てている力の入れぶりは、素晴らしい。

             ・・・
 80年代に流行った『ノルウェイの森』は装丁の見事さもあって棚に飾っておくのが流行った(どのくらいの人が読んだかは不明)。だがこの1Q84は面白い。私は単純に面白かった…と同時に、こういうオーソドックスな恋愛小説かつエンターテインメントが売れる、ということは、まだ小説や本に希望があるのではないか。そんな儚い光を見る。ムラカムハルキという作家というブランドに、だし、それは書かれたものそのもののある種のノスタルジー&古さにである。
 昭和30年代。「善かった時代」。高度成長期。いまよりずっと貧しく、だけどずっと未来が信じられた頃。だがこの登場人物たちは最初、未来を信じられる場所にいなかったんだね。それが時代から、場所からはみ出され、そうして別の場所に移されて、最後は【自分】や【対の自分】と出会うことで、手に掴み取っていく。
 (2)で終わってもよかった。知り合いの編集者'sの間では、「続きはあるだろ/ないよ」で意見が別れた。どちらでもよかった。文学的さ、からいけばあそこで終わった方が高級だろう。だが現在の物語性への欲求を考えると、何か救いまで持っていかないと終われなかったのではないかと思う。
 もちろん、(3)があってくれて、【ある種の】ハッピーエンドでホッとする。結局は、恋愛の話なんだ、と断じるのはキケンだけれども。それぞれが「卵」を抱えられるといいのになぁ、と空に一つかかる月を見上げるわけだ。さて、次は何年後にどんな物語が読めるだろう。[雨]

 


posted by alto2009 at 22:32| Comment(0) | 現代作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする