2010年07月24日

010・艶なのは幸村か、忍たちか

Bookfile aya・004
『幸村殿、艶にて候』(7)
□著者 秋月こお(あきつき・こお)
□イラスト 九號
□徳間書店(キャラ文庫) 377p、2010年3月発行/660円/ISBN978-4-19-900561-9

       ・・・
 え〜。最初にお断りしておきますが、キッパリ・一種の・【BL】です。
 ただしこの作家さん、“BL”やらその前身である“やおい”という言葉が一般に普及する以前から書いていらした、所謂「JUNE組」。中島梓さんのお弟子の一人=小説道場ご出身 でいらっしゃいます。
 あの頃、好きな作家さんは何人もいらした。この間、関係者と書店のその類のコーナーの前で、「あぁこの人は云々」「あの人は云々」を言い合ったばかり。その中で息長く、人気も実力もある人の一人、、と私は勝手に思っています。

 秋月こお、といえば、「フジミシリーズ」が有名です。正確には「富士見二丁目交響楽団」といい、音楽関係者のちょっとコッチ入ってる人で知らない者はなく、リアルタイム流行中の時は、あちこちのチャットでも話題になっていたくらいだし、現実のヴァイオリニスト・某氏を主人公に見立てて騒いだことも…覚え、ありません? フジミは15年以上続き、現在も年に何本か書き下ろしの出る人気シリーズです(角川ルビー文庫)。

 そのほかにこのキャラ文庫では、次々と違うジャンルに挑戦、王朝ものやガードマンものも名作でしたが、今回は、タイトルで分かるとおり、戦国武将で知将といわれその時代を駆け抜けた謎の男・真田幸村親子を取り上げています。
 先般、第7巻が出て、これにて完結。

 どの物語もそうですが、世界に入り込むのは相当に大変ですよね。第1巻を手にした時は、「う〜ん、これについていけるだろうか」と正直思ったことも確かです。何故なら、【文体から違う】んですよっ!
 もちろん現代語で書かれているのですが、登場人物たちの交わす科白はもちろん、出てくる単語そのものも、微妙に“当時を再現”してみせていて、例えばそれこそ“艶”な場面に出てくるアレやコレや、あ〜んなことや、こ〜んなことについても、昔の言葉を使っているんですね。これは作者のこだわりでしょうが、現代語風に「なんとかLOVE」とか「〜でしょぉ?」とか言ったりしません。武家は武家言葉で話し、語尾や態度、その他行動や様式についても少なくとも普通の“時代劇”以上には再現されていて、その文中に書かれている「音」や「リズム」を読んでいくだけでも、戦国時代にトリップするのでした。

        ★  ★
 このある意味で開放的でありながら(日本家屋の作り自体がそうですし、それにエラい人々には影供や、忍び、草・狗と呼ばれる人々が張り付いていて、本当の意味でのプライバシーなぞ無い)、物凄くストイックな関係性が浮き立ってきて、ついつい涙してしまいますですはい。

 真田幸村と、その父親であり大将である昌幸。第7巻ではこの昌幸パパのスパルタ教育もすごい。第1巻で人質に送り込まれそこで期待以上の働きをしてきた次男坊に、期待をかけつつ突き放すシーンは、戦国武将の親子関係(時には本気で殺しあったりもしましたからね)も甘くないと感じさせる。

 霧がくれ才三や猿飛び佐助、筧十蔵など、歴史ものによく登場する有名忍者たちが周りを固めていく様子が、本当にワクワクいたします。著者もあとがきに書いていましたが、「BLというよりは歴女さん萌え」になってしまった感もあるかも。過激なシーンを望む人には物足りなさがあるかもしれませんが、そのストイックさと虚実取り混ぜの新しい真田前史に、久々に何度も読み返した話になりました。

 第7巻のストーリーとしては、西国に行脚して関白秀吉公の信望を得た幸村(源次郎/おゆき、とも呼ばれる)は、里に戻り、次の任務に着手する。北条・徳川(家康)・豊臣の間に立ち、天下の動きを見ながら真田の所領を護り、さらには抜きん出ていこうとする野心の一方、領地と領土・領民や手の者たちへの愛情を抱きつつ他方で恋人・“上杉の殿”との間に引き裂かれる主人公…。
 もちろんエロっぽいシーンはあるのですが、それよりもスパイのために化けてそれぞれの設定で他国入りしたり、関所を智恵で切り抜けていったり、敵陣営に部下を助けるために飛び込んでいったり。また「諏訪の行者」という神力を扱う一面も登場し、まさに“戦国時代を”楽しめました。

 個人的には、「猿飛び」佐助、にヤられたんですよ。第5巻、、、いや登場した処からかな、気になっていたんですけどねぇ。この巻の主役、もしかして佐助!? って感じですよぅ。幸せになってほしいぞ…(あれってなったのかなぁ? ねぇ?>才三くん)
 大将としての器を持ち、影忍にまで慕われる主人公・幸村も、その欠陥人間ぶりとそれを越えての熱さが、久々に素敵なヒーローでした(しかも、本人・ウケだし・笑)。[綾]


posted by alto2009 at 14:03| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

009・要するに恋愛ものなのだ(!?)

Bookfile regen・005
『1Q83・book3』
□著者 村上春樹
□新潮社、2010年4月発行/1,995円/ISBN9784103534259
 
▼2010年4月23日(金)に、某blogに(途中まで)書いた記事の転載です。ご了承ください。

          ・・・
[タイトル]…と、言い切るには抵抗がありますが、ともあれ、あっという間に読み終わった『1Q84』(3)であります。

 いろいろ考えさせる、議論の余地をたくさん持たせる、ということではムラカミハルキという作家はなかなか類を見ない。いやまぁほかのヒトビトもそうなんでしょうが。読んだあと、つい語りたくなるんでしょうね。
 この作品はちらと書くと最初から“ネタバレ”では始まりそうなので、発売1週間後だったこともあり、感想めいたことはほとんど書かず仕舞いになってしまいました。
 ただ、友人たちは三軒茶屋にかかる首都高速道路の橋をタクシーで通ってみようとか思った人は何人かいたようですが、あそこ、本当に渋滞しますよねぇ。もしかしてそれであのネタ、作者は思いついたんじゃないか、というくらいです。……私は、そもそもそのあたりを車で通る時は基本的に夜中ですし、方向の違う虎の看板とか立ってたらヤですから(まぁ時代が違いますけど)、ぶるぶる。避けます。怖がりです。

 さて購入した翌々日の夜。夜中までかかっても読み終えようとしたのは、3分の1まで進んだら、あとが気になって仕方なく、つまりその程度には面白かったわけ。ともかく週末に向かうことだし、木曜日の夜くらい夜更かししたって構わないだろう、ということで、本を持ってベッドに入ったのだが、昼間から眠くて眠くて&演奏会で眠いショパンを聴いたりしたため、風呂にも入らず昏倒するように眠ってしまった。気づいたら本を抱えたまま朝で、午前中は自主的におサボりして一気に読破した(自営業の気楽さ)。

     ・・・
 ところで、発売当日の土曜日。某駅上の書店に私は『竜馬』(7)を買いに行った。(7)は無かったので仕方なく、どど〜ん、と積まれていたこの本を手に取り、迷った末、購入。まぁbook1もbook2も読んでしまったし。どうせ次の編集仲間の会合には話題になるかもね(<ならないかもしれないけど、文芸の編集者ばっかりの集まりなので、時々こういう話題になることがあります)というミエもあり、読んでみることにした。
 脈絡ないが、ベストセラーを金払って買うのはなんかヤだなと。妙な処で物書きの端くれないじましさが出ることである。

 会計をしていたら週末なのでヒマそうにしていたおねーさん書店員2人と少し雑談。「あ〜んなに積んじゃって売れるんですか?」と訊ねてみると、「まだ土日ですからねぇ」と年配の方のかたが仰る。そうかぁ、月火にならないとなんともですね。…さて売れたんでしょうかしらね?
 それで「どちらがいいですか」と差し出されたぬいぐるみを見る。は? という顔になっていたと思うが、「獏ですか?」というと「犬です」という。「今、うちの書店で『1Q84』をご購入のお客様に差し上げています」とのこと。ほえほえ。A屋書店さんのグッズなの? ほえ?
 “ドリドリ”ちゃんというそうです。本を読む犬。う〜む、SNOOPYみたいぢゃないか。…ありがたくいただいて帰って、パソコンの上に乗っかっている。そういえばいろいろ乗っかっているパソコンだ。一番気に入って居るのはパソコン誌時代に貰った「モジラ」ちゃん(<現在はFirefoxというNetscapeのぬいぐるみ)だが。

公式サイト(新潮社) まで立てている力の入れぶりは、素晴らしい。

             ・・・
 80年代に流行った『ノルウェイの森』は装丁の見事さもあって棚に飾っておくのが流行った(どのくらいの人が読んだかは不明)。だがこの1Q84は面白い。私は単純に面白かった…と同時に、こういうオーソドックスな恋愛小説かつエンターテインメントが売れる、ということは、まだ小説や本に希望があるのではないか。そんな儚い光を見る。ムラカムハルキという作家というブランドに、だし、それは書かれたものそのもののある種のノスタルジー&古さにである。
 昭和30年代。「善かった時代」。高度成長期。いまよりずっと貧しく、だけどずっと未来が信じられた頃。だがこの登場人物たちは最初、未来を信じられる場所にいなかったんだね。それが時代から、場所からはみ出され、そうして別の場所に移されて、最後は【自分】や【対の自分】と出会うことで、手に掴み取っていく。
 (2)で終わってもよかった。知り合いの編集者'sの間では、「続きはあるだろ/ないよ」で意見が別れた。どちらでもよかった。文学的さ、からいけばあそこで終わった方が高級だろう。だが現在の物語性への欲求を考えると、何か救いまで持っていかないと終われなかったのではないかと思う。
 もちろん、(3)があってくれて、【ある種の】ハッピーエンドでホッとする。結局は、恋愛の話なんだ、と断じるのはキケンだけれども。それぞれが「卵」を抱えられるといいのになぁ、と空に一つかかる月を見上げるわけだ。さて、次は何年後にどんな物語が読めるだろう。[雨]

 
posted by alto2009 at 22:32| Comment(0) | 現代作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする